死神

スポンサーリンク
シュタイナ
シュタイナ

私は実際に死神に会ったと言う人に会ったことがある。 その人曰く死神はこの世とあの世の橋渡し役で、特に何か人間に害を及ぼすものではないとの事。

死神(しにがみ、Grim Reaper、Death)とは、生命を司るとされる伝説上ので世界中に類似の伝説が存在する。冥府においては管理者とされ、様々な娯楽作品にも古くから死を司る存在として登場する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%A5%9E

一般的に大鎌、もしくは小ぶりな草刈を持ち、を基調にした傷んだローブを身にまとった人間の白骨の姿で描かれ、時にミイラ化しているか、完全に白骨化したに乗っている事もある。また、が存在せず、常に宙に浮遊している状態のものも多く、黒いを生やしている姿も描かれる。その大鎌を一度振り上げると、振り下ろされた鎌は必ず何者かの魂を獲ると言われ、死神の鎌から逃れるためには、他の者の魂を捧げなければならないとされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%A5%9E
シュタイナ
シュタイナ

上記はまさに私の知り合いの方が見たと言う死神の姿形だ。大鎌に黒のローブを身にまとった人間の白骨。彼が私に語った姿そのままだ。

基本的に、死神は悪い存在として扱われる事が多いが、死神には『最高神に仕える農夫』という異名もあり、この場合、死神は、「死を迎える予定の人物が魂のみの姿で現世に彷徨い続け悪霊化するのを防ぐ為、冥府へと導いていくという役目を持っている」といわれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%A5%9E
シュタイナ
シュタイナ

私はここに記載されている “死を迎える予定の人物が魂のみの姿で現世に彷徨い続け悪霊化するのを防ぐ為、冥府へと導いていくという役目を持っている” この部分を強く信じている。知り合いが言ったことと符合する部分があるので、彼の語ったことがとても信憑性を増す。興味深い箇所だと思う。